ホテヘルが生まれたワケとは?

関西エリアは、風俗に対する規制が比較的強い地域だと言われています。同じ大都市圏である関東地域と比べましても、かなりの違いがあることが実感できるはずです。大阪・京都には、ソープランドは一切存在していません。ファッションヘルスも難波・梅田などに存在しているのですが、あまり数が多いというわけではありません。条例の関係で、新規許可はもう出ない、とすら言われています。そのような状況の中で、人気が高まっているのはホテルヘルス(ホテヘル)とデリヘルです。そもそもホテヘルというシステムは、関西の厳しい風俗規制を避けるために生み出されたシステムだと言われています。ただ24時以降は営業ができないため、時間規制のないデリヘルもあわせて運営している店が多いようです。風俗街に足を運ぶのはちょっと勇気がいるな・・・と思っている方は、やはりデリヘルを選んだ方がいいでしょう。自宅に居ながらして、専門的なサービスを受けることができちゃいますから。

大阪のぽっちゃり女性向けの風俗求人が多い気がする

大阪の風俗求人は全国的にみても数は多そうです。さすがは大阪と都市の規模感も感じられます。しかし、そんな中多いのがぽっちゃり女性向けの求人です。本当にそんな需要があるのかと思いがちですが、意外に多いです。風俗の求人は美人しか募集していないようなイメージがありますが、実際にはいくら美人でもAカップでは全く需要がなく風俗で働く女性の人材としてはミスマッチとなるようなケースが全国的には多いでしょう。そうなると、美人でAカップよりも、デブでGカップの方が風俗の人材としては非常に需要があるのです。まぁ胸だけを考えると最高峰の条件を兼ね備えていることになるわけですからね。とはいっても、ぽっちゃりな人となると見方が変わればただのブサイクなデブです。それでの世の男性はその豊満なバディを求めて指名してしまうわけなんですよね。そこが風俗という状況になると、麻痺してしまうのでしょうか。デブと胸がデカイというのは紙一重かもしれません。要するに、世の男性の多くはスレンダーな体格に巨乳を兼ね備えたような女性がいるとはあまり考えておらず、多少なりともぽっちゃりとした体格があっての巨乳という認識が強いのかもしれません。そこのラインをややオーバーしても十分に輝く人材に感じてしまうのです。さらにもう少しオーバーしてもなんとなくOKになりそうなところまでが風俗でデブがぽっちゃりとして認めてもらえるギリギリのところなのでしょう。しかし、実際に女性自身を見てみるとどうにも見るに耐えられないデブばかりが集まってしまう傾向がありまそうです。中途半端にぽっちゃりか極端なデブ専風俗かの2極になりそうな気がします。とはいえ、一定層の需要があるのもまた風俗の面白いところでしょう。運動もせずにファットフードばかり食べてブクブクと太ったような日本ではレアな部類の人に指名が行くなんてあまり想像もできませんけどね。
大阪のぽっちゃり専門風俗求人サイト【ぽちゃりか】